トップページ > >

【ファイアーエムブレムヒーローズブログ】エクラ監督日記

ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)のプレイ日記です。スポーツ記事風に書いていければいいなと思ってます。

FE関連のネット上等でよく使用される隠語、スラング等の解説ページです。 目次 ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行 ア行   アアスク王国の王子アルフォンスのことで、名前が長いので一文字に省略される。某有名映画の この記事を読む

約2か月ぶりの、巨影討滅戦。自軍の戦力を駆使して高スコアを狙う、熱いコンテンツ。対人要素がないため、ギスギスしないのもいいところだ。とはいえ、2か月も間が空くと感覚が鈍る。大事なのはワユやシルク(歩行)が持っているキャンセル武器と…、ダブル持ちの伝承英雄も所 この記事を読む

前回の偶像から約1ヵ月半、再びこの時間がやってきた。元々このコンテンツは、普段は継承できないような高級スキルをバンバン覚えさせ、敵をなぎ倒していく爽快感を楽しむものと思っていたが、前回はメンバーが第1世代の雑魚達だったため、闇カム子や闇チキに蹂躙されるとい この記事を読む

2月のアップデートから、いろいろな召喚イベントが実施されてきたが、今日で一区切り。復刻絆英雄戦のピックアップにおもあつ、英雄祭の第3弾も今日でチケットが出揃ったので、もろもろの召喚結果について記載していく。【絆英雄戦ピックアップ】2/2から実施されてきた復刻絆 この記事を読む

フェーパス導入後の初戦禍である『愛の祭りは大騒ぎ』も昨日終了。そして自由な者たちのエピローグが始まる。「アルセリがくっついた後の設定なのに…」アルセリの二つ名は比翼の相思相愛、設定上もドーマ討伐後に結ばれた二人となっている。にもかかわらず、積極的にアプロ この記事を読む

闘技場の仕様変更以降、階級19にいる時間も長くなってきた、しばらく21の高みは見えていない。クソだと思っていたボナキャラによる敵撃破、実はその仕様に助けられていたことを痛感する日々。というわけで、闘技場2/11~2/18シーズン、ボナキャラは樹。スコアは3,758(1戦平均 この記事を読む

3周年による配布でオーブが増えてきたところで始まった召喚イベント『魔の島』。『烈火の剣』から、レイラ、ニルス、フィオーラ、ラスの4名が登場だ。「変わったスキル持ちが多いな」今回の英雄達が所持しているスキルについては、今までとは少し趣が変わったものが多い。明 この記事を読む

フェーパス加入で得た虚無の時間を使って、本日からダウンロード可能な風花の「煤闇(すすやみ)の章」攻略の時間に充てる。ブレマーならかくありたいものではあるが…、「2月下旬か3月かな、始めるのは」と、適当ブレマーの監督にはそんなものは関係なし。それはさておき、3 この記事を読む

一週間ぶりの階級20での闘い。だが、かつて慣れ親しんだこの階級も、修羅の道を突き進む強者たちであふれかえっていた。闘技場2/4~2/11シーズン。査定戦士樹をボナキャラに、あわよくば階級21まで狙ってやろうと思っていたが、どうやら考えが甘かったようだ。スコアは3,754 この記事を読む

最近流行りのサブスク。サブスクリプションの略で、元々は定期購読などの意味。そこから、一定期間に料金を支払うことでサービスを受けられる仕組みのことを言うらしい。別にソシャゲに限った話ではないが、今月のアップデートでFEHにも、そのサブスクリプション型サービスで この記事を読む

超英雄が登場すれば、それは大体戦禍開始の合図でもある。というわけで、戦禍の連戦『愛の祭りは大騒ぎ』、外伝ストーリーでは出番がほとんど無かったエフィが大活躍だ。「エフィ、セリカの姿が見えていないようだな」突然だが、FEHの環境設定の中に「比翼英雄の表示」という この記事を読む

去る2月7日、丁度バレンタインの1週間前に始まった召喚イベント『思いがけない贈り物』。今年は、「Echoes 」から主要なメンバーが登場だ。「アルムとセリカか」今までの比翼は親子、友達、姉弟、兄妹だったので、今回は初の恋人といったところ。まあ、アルムとセリカは確定 この記事を読む

先日より開催されていた投票大戦『獣乱闘』。FEシリーズの中から選りすぐりのけもフレ達が集められ、人気に近い何かを争ったようだが、優勝したのはキヌ。「若さと愛嬌か」見た目と実際の年齢が大きく違う彼らだが、キヌだけは正真正銘見た目通りの年齢のはず。若い方が人気 この記事を読む

久しぶりの階級19降格から一週間。その間に月末アビサルがあり、投票大戦が始まり、3周年記念の全貌も見えてきた。3周年記念の評価は人それぞれではあるが、それはさておき闘技場1/28~2/3シーズン。ボナキャラはシャロン、階級19からの昇格ボーダーがどれくらいになるのか様 この記事を読む

今月で3周年を迎えるFEH。既にゲーム内で実装されているものもあるが、本日のフェーちゃんねるで、今後のアップデート情報等が出ているので、かいつまんで紹介していく。  各種情報 【3周年記念召喚】何はともあれ、まずは☆5の超英雄が確定でもらえる召喚、本日から実施 この記事を読む

2020年も最初の1ヵ月が終了し、戦禍の連戦『幻想戦禍』も終了。「忙しい1ヵ月だった」今年に入って2回目の戦禍。数あるFEHのコンテンツの中で報酬は一番よいが、その分、ハム作業を強いられる戦禍。これからは1ヵ月に2回がデフォルトになるのであろうか。 スコア・順位等今 この記事を読む

2020年最初の神階英雄は、FEH主人公の何かあった未来の姿であるリーヴ。「ようやく来たか」第3部ストーリー終了から、およそ2か月。待たせた割には…という感じではあるものの、ゆっくりとではあるが着実に第3部の清算進んでいるようだ。  参戦メンバー さて、リーヴは赤 この記事を読む

3周年を直前に迎え、一気に熱を帯びることもなく、未だ平常運転のFEH。大英雄戦としてシンシアがミッションを携えて復刻だ。【ミッション内容】1.アンナを入れてクリア(報酬:オーブ1個)2.シンシアを入れてルナ以上クリア(報酬:オーブ1個)3.アンナでLv40以上のシンシアを この記事を読む

例えボナキャラ不遇でもスコア吟味し、階級20で踏みとどまる。偶々、ガチャで引き当てた高査定キャラや凸を重ねた育成済みの英雄がボナキャラに来たときは、対戦剣に糸目をつけず昇格し、次のシーズンには降格。そんな闘技場生活を、随分長い間続けていた。何のために何と闘 この記事を読む

FEシリーズの花形の武器といえば、やはり剣。ファルシオン、ティルフィング、ラグネル、最新の風花では天帝の剣と、歴代主人公の大多数のメイン武器もやはり剣だ。FEHでは、長く不遇時代が続いていた剣使い達だが、最近はシャナンやラクチェ、マリータなどの強力な英雄達が登 この記事を読む

↑このページのトップヘ