トップページ > >

【ファイアーエムブレムヒーローズブログ】エクラ監督日記

ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)のプレイ日記です。スポーツ記事風に書いていければいいなと思ってます。

FE関連のネット上等でよく使用される隠語、スラング等の解説ページです。 目次 ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行 ア行   アアスク王国の王子アルフォンスのことで、名前が長いので一文字に省略される。某有名映画の この記事を読む

昨日、『蒼炎の軌跡』を舞台として繰り広げられていた大制圧戦が終了した。思えば、1月のラグズ登場から2月のグレイルに戦禍と、『蒼炎の軌跡』、『暁の女神』のテリウス勢がフォーカスされてきた1か月だった。もしかすると、この大制圧戦は集大成だったのかもしれない。「蒼 この記事を読む

先月のラグズに続き、今月は『if』から妖狐とガルーの親子が登場。昨年までは竜ぐらいしかいなかったFEH動物園も少し賑やかになってきた。「先月は鳥類、今月はイヌ科をコンプ。来月はネコ科かな?」ネコ科の候補は獅子に虎に猫。登場が来月になるか、1年後になるかは運Aのみ この記事を読む

親はなくとも子は育つ。というわけで、ことわざ通り自分の成長を亡き父親に見せることができたアイクの戦禍の連戦も本日をもって終了となった。「うーん語彙力…」と、戦禍だけでなく、外伝ストーリーから"親父"連発のアイク。会話の流れ的には別におかしくなく、アイクなら この記事を読む

引き際の決断というのはいつも難しい。余力を残したまま退く者もいれば、ボロボロになるまで続けるのも一つの美学と言えるだろう。闘技場2/12-2/19シーズン、エリウッドのエクラ軍エースとしての最後の仕事が終わった。スコアは先週と同レベルの3,783(1戦平均は756.6、先週の この記事を読む

本ブログのタイトル用に作成しているコラ画像集となります。なお、本ブログをPCから閲覧した時とモバイルから閲覧した時ではタイトル画像が異なりますので、あしからず。 ページの下へ 【タイトル】竜の散歩【解説】ファイアーエムブレムの歴代主人公と仲のいい竜との空の この記事を読む

最近になってFEHをプレイし始めた方はご存知だろうか?かつて、FEHのチュートリアルで一番初めに召還されていた男を。現在は、タクミが務めている役目は、その昔ヴィオールが担っていた。そんな、初期からのプレイヤーなら必ずお世話になった彼が絆英雄戦で久々に登場だ。「原 この記事を読む

エースとは、そのチーム内の主力となる人物。ただ強いだけでなく、そのチームへ与える影響力、そいつで勝てなければ仕方ないと周りに納得させる力が必要だ。というわけで、本日、闘技場2/7-2/12シーズンが終了した。エース・エリウッドをボナキャラに擁したエクラ軍、スコア この記事を読む

「あれ!?ちょっと前にやってなかったっけ?」と、監督でなくても思わず言いたくなるぐらいハイペースで開催されている戦禍の連戦。今回は、アイクとグレイルが登場する『蒼炎の軌跡』が舞台のようだ。「恰好が…」と、真剣な会話の中に似つかわしくない服装の二人。画になる二 この記事を読む

バレンタインエリウッド10凸計画。ということで、2018年のバレンタイン戦禍の報酬として配布されたエリウッドであるが、飛空城の聖杯で召喚が可能となったため、エクラ監督は10凸することを決断したようだ。―― 何故エリウッドなのか?まずは総合値が175で査定がすこぶる高い この記事を読む

FEHサービス開始当初より不評だった個体値、攻↓個体を召喚して泣き叫んだことは、ブレマーのあるあると言ってもいいだろう。また、速↑と速↓だと、同じキャラでも追撃が発生してしまうという、システム上の問題もあった。そんな運Aが頑なに救済を拒否してきた個体値である この記事を読む

2/8より開催されている召喚イベント『愛の祭と傭兵団』、今回はグレイル傭兵団のメンバーがピックアップ対象だ。また、いつも通りピックアップ英雄に関連した外伝ストーリーも展開されているが、死別した親子が再開するという涙無しでは見られない展開となっている。「ええ話 この記事を読む

いつもよりちょっとだけ開催期間が長かった闘技場、1/29-2/7シーズンが先日終了した。闘技場に関しては期間が長くても短くても大した影響はないが、ボナキャラティバーンを擁したエクラ軍、スコアは3,731(1戦平均は746.2、先週のスコアは3,612)で階級21へ昇格となった。縛鎖 この記事を読む

人気の高さの差が勝敗を分ける決定的な差にはならないのが投票大戦。どちらが勝つかは神のみぞ知るという感じだが、選んだ陣営で全て負けるというのも珍しい。というわけで、『母VS息子』決勝戦はウードとカムイの戦いとなったが、特に大きな波乱はなく、初動で人気の高かっ この記事を読む

あっという間に過ぎた10日間。監督の10日間はどうだったのだろうか?「忙しかったな」と、戦禍だけでなく、月末の神階英雄に2周年記念のイベント、加えて復刻英雄戦等に投票大戦とこれでもかというほどコンテンツが詰め込まれた期間だった。正直、FEHは朝の10分、寝る前の10分 この記事を読む

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし、某元プロ野球監督の方がよく使われていた言葉だが、元々は江戸時代の人の言葉だとか。というわけで、投票大戦『母VS息子』2回戦の結果は以下の通り。元々人気の高かったウードは順調に勝利。カムイの方は見た目のせいなの何 この記事を読む

2月7日に3.2.0へのアップデートが行われるFEH、主なアップデート内容は以下の通りだ。■ 神竜の花を追加■ 英雄の試練を追加■ 限界突破の仕様拡張■ 飛空城のアップデート ■ 新武器スキルと錬成対象武器を追加細かい部分はお知らせにある通りなので、ここでは、環境が激変 この記事を読む

1/31(木)より開催されている投票大戦『母VS息子』、その名の通り、親子で覇権を争う対戦カードとなっている。初動は以下の通り。全体的に地味なメンツばかりで、前回のように圧倒的な人気の英雄はいない。キャラの強さでウード、何故かはわからないがミコトがやや人気が高い この記事を読む

先月末で一区切りついた伝承英雄戦に続き、今月末からは神階英雄戦が始まった。第一弾は、『Echoes』に登場するドーマ、遂にラスボス級英雄の登場となったようだ。「めんどいから、ダイムサンダに飛行と歩行と重装と騎馬と竜と獣の特攻をつけてほしい」と、今回の高難易度MAP この記事を読む

本日、闘技場1/22-1/29シーズンが終了した。ネサラをボナキャラに置いた先週。降格シーズンでもあるため、ノーデス5連勝するだけの覇気はエクラ軍にはなく、スコアは3,612(1戦平均は722.4、先週のスコアは3,717)で階級20へ降格となった。縛鎖の方はスコア5,204(先週は5,210) この記事を読む

↑このページのトップヘ