トップページ > >

【ファイアーエムブレムヒーローズブログ】エクラ監督日記

ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)のプレイ日記です。スポーツ記事風に書いていければいいなと思ってます。

FE関連のネット上等でよく使用される隠語、スラング等の解説ページです。 目次 ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行 ア行   アアスク王国の王子アルフォンスのことで、名前が長いので一文字に省略される。某有名映画の この記事を読む

本ブログのタイトル用に作成しているコラ画像集となります。なお、本ブログをPCから閲覧した時とモバイルから閲覧した時ではタイトル画像が異なりますので、あしからず。 ページの下へ 【タイトル】竜の散歩【解説】ファイアーエムブレムの歴代主人公と仲のいい竜との空の この記事を読む

ほんの数週間前、闘技場と縛鎖では圧倒的に後者の方が面倒くさかった。だが、伝承アルムというバランスブレーカ―の登場により、一気に難易度が増したのが現在の闘技場だ。というわけで、5/7-5/14シーズン。ボナキャラは5凸オリヴィエだが、彼女で毎回のように出てくるアルム この記事を読む

先日、闇を纏う英雄達が召喚イベントで登場したが、本日からは闇墜ち英雄の代表格(?)デューテが大英雄戦で登場だ。「こっちだったら、この前の投票大戦も勝ってたかもな」タラレバを言っても仕方ないが、前回の投票大戦でニノの後塵を拝したデューテ。だが、たそリティに関し この記事を読む

10連休も終わり、日常に戻りつつある今日この頃、FEHではなかなかに刺激的な英召喚イベントが開催中だ。召喚イベント『闇を纏う英雄』、イベントの名の通り、原作でいろいろしでかした(?)英雄達が揃って登場だ。 ピックアップ英雄 【チキ】原作では、敵に操られていたり、 この記事を読む

凸の足りなさはキャラ愛の足りなさと同意。というわけで、令和初の闘技場4/30-5/7シーズン。ボナキャラは羽を奮発して作った4凸オリヴィエ、スコアは3,742(1戦平均は748.4、先週のスコアは3,554)で、階級21昇格に十分かと思われたが、残念ながら、やや足りなかったようだ。縛 この記事を読む

"たそ"とは一体何なのだろうか?一説によると、~ちゃんが~たんになって、~たそに変化したものだとかなんとか。というわけで、投票大戦『こどもの日』決勝戦、FEHのたそキャラの中から頂点をつかんだのはニノ。これで名実ともに、たその女王の称号は彼女のものになったと言 この記事を読む

FEには数多くのロリマムが登場する。能力の高さと汎用性からよく使われるノノ、そのたそみにより、FEHで竜権を得たと言っていいファたそ、見た目だけならNo1と囁かれるミルラ。だが、元祖はやはりチキだ。投票大戦『こどもの日』2回戦、そんなチキの相手はユルグ。ロリたそ界 この記事を読む

G.Wも残りわずかという今日この頃、FEHの戦禍は一足先に終了だ。エピローグはマルスさんの行く末が気になる展開だが、「毎回ろくな目にあわないな」と、借金取りに追われ、セクハラにあい、今回は毒を食らわされるという、毎回悲惨な目に遭っているマルスさん。だが、絶望の この記事を読む

バレンタインエリウッド10凸計画。ということで、2018年のバレンタイン戦禍の報酬として配布されたエリウッドであるが、飛空城の聖杯で召喚が可能となったため、エクラ監督は10凸することを決断したようだ。―― 何故エリウッドなのか?まずは総合値が175で査定がすこぶる高い この記事を読む

G.W真っただ中に開催されている投票大戦『こどもの日』。既に数百歳以上の竜の子もいれば、年齢不詳の邪神もいるという人選(?)ではあるが、見た目は子供で、頭脳も子供なので特に問題ないだろう。さて、いつもは適当にLv1を所持している英雄の陣営に参加する監督ではあるが、 この記事を読む

平成で終わる最後のシーズン、海外展開するFEHで日本の元号にどれほどの意味があるかどうかはわからないが、闘技場の結果としては残念なものとなった。闘技場4/23-4/30シーズン、ボナキャラはミドリンではあるが、元々階級21を維持するつもりもないので、スコアはかなりひど この記事を読む

平成最後の月末アビサル、今月は『Echoes』からまさかのアルムが登場だ。「弓版はてっきり総選挙英雄として出てくると思ってたが…」と、完全に読みが外れた監督。こうなると総選挙版は王家の剣装備か、はたまた全然関係ない武器になるのか、予想は難しいところだ。  参戦 この記事を読む

G.Wの10連休を前に、流石のFEHも虚無ではいられない。直前のガチャで登場したピクニック英雄達が話を彩る戦禍の連戦『春、麗らかに』が開催中だ。ピクニックという緩い題材をもとに自由にボケ続けるピクニック英雄達に冴えわたる(?)マルスさんの突っ込み。マルスが出てきたの この記事を読む

階級21へ上がることも難しくなってきた今日この頃、ボナキャラに選ばれた伝承英雄ミドリンが意地を見せてくれたようだ。闘技場4/16-4/23シーズン、ボナキャラの上述の通りミドリン。意地を見せたとは言ってもスコアは3,737(1戦平均は747.4、先週のスコアは3,733)で、ボナキャ この記事を読む

本日、第14回目の大制圧戦が終了した。今回の舞台は、『覚醒』の世界。『if』と並ぶ人気作品ではあるが、最近なんとなく影が薄いと感じるのは気のせいだろうか。「一番目立ってるながインバースだからな」と、エクラ監督。そろそろ主役クラスの中から環境級の英雄が出てくる この記事を読む

今まで冬ならクリスマスや正月、春ならイースター等、季節行事を題材にしてきた超英雄だが、今回はピクニックだ。「ネタ切れ感があるな…」と、先行きに不安を感じる監督。それはともかくとして、『if』からはわわ姉妹と『Echoes』からジェニーとあの男が登場だ。 ピックア この記事を読む

クリスマスをファたそと過ごすなどFEHでマム浮気が目立つエフラムだが、やはり原点はミルラ。絆英雄戦エフラム&ミルラがミッションを携えて復刻だ。【ミッション内容】1.アを入れてクリア(報酬:オーブ1個)2.アンナを入れてルナ以上クリア(報酬:オーブ1個)3.アでLv40以上 この記事を読む

ボナキャラ不遇状態で挑んだ先シーズンと先々シーズン。監督の2週間はどうだったのだろうか。闘技場4/9-4/16シーズン、引き続きボナキャラはアの人だ。結果から言うと、階級は20維持のまま。だがスコアは3,733(1戦平均は746.6、先週のスコアは3,720)と、アの人なりにベストを この記事を読む

白夜の王子カムイ、そろそろ彼について語っておかなくてはならないだろう。FEHでは、初期の頃に不遇主人公として生を受けたカムイ。カミラやアクア、カム子等の人気キャラもいた為、陰に隠れてしまっているが、FEシリーズの中でも桁違いの売り上げを誇る人気作品『if』のれっ この記事を読む

↑このページのトップヘ